• ホーム
  • ED治療薬の正しい服用法と危険な飲み方

ED治療薬の正しい服用法と危険な飲み方

2020年02月02日
悩んでいる男性

ED治療薬の正しい服用方法としては、ED治療薬は食事との相性があまり良くないので、薬を服用するときは出来る限り空腹の状態で服用するのが良いです。
食後は2時間以上の時間を空ける事で薬の吸収率を高められます。
ED治療薬には複数種類があり、即効性のあるタイプの薬の場合は性交渉を行う30分ほど前に服用するのが効果的です。
即効性のあるタイプの薬は、薬の特長によっても変化しますが、性交渉の2時間以上前に服用しなければ効果が発揮できないタイプもあります。
ED治療薬の危険な飲み方は、グレープフルーツと一緒に摂取すると、血中濃度が高くなってしまい、重篤な副作用が現れてしまうため危険な状況になってしまいます。
ED治療薬を服用するときはジュースなどに含まれているグレープフルーツの成分も危険な場合があるので、避ける必要があります。
その他、過去にED治療薬でアレルギー反応を起こしたことがある方や、重い肝機能障害を患っている方、先天的な不整脈がある方や抗不整脈剤を利用している方、抗ウィルス薬や抗真菌薬を利用している方も服用すると危険な副作用を招いてしまう事があります。
アルコールとの相性もあまり良くなく、少量のアルコールなら血管拡張効果やリラックス効果を得られますが、飲み過ぎてしまうと薬の効果を得られなくなってしまう他、過度の飲酒が原因で勃起不全となってしまいます。
ED治療薬は適切な量を適切に服用することで安全に使用ができるので、禁忌事項にあてはまらないかを確認してから利用するのが良いです。
適正な使用方法を守ることによって勃起不全の悩みを抱えている多くの人達が満足の出来る性交渉を実践できるように改善されています。