• ホーム
  • 勃起不全の主な原因は、心身の老化です

勃起不全の主な原因は、心身の老化です

2019年12月29日
満足をしている男性

不老不死と言えば、小説や漫画の世界ではお馴染みの単語です。
老化は人間にとってネガティブな出来事であり、男性であればスタミナの低下や男性機能の減退、頭髪の減少、心理面の焦りや不安といった独特の症状に苦しめられます。
個人差はあれど、老化の影響を受けない人はいません。
アンチエイジングに励む男女が増えて来た背景には、人間が無意識に感じる老化への恐怖心があるのです。

また青年期以降の男性の場合、勃起不全の主原因が年齢にある事が多いです。
世間では勃起不全のリスクは50代、60代の高齢者だけの問題と言われていますが、実際には25歳頃から、男性機能の老化に苦しめられている方々がいらっしゃいます。
運動不足や栄養素の偏りが原因になっている事例もありますが、全体の大多数は老化によるモチベーションの減退と体力の低下、そして性的な意欲の収縮です。

50代以降であれば仮に勃起不全になっても、前向きに受け止められるかもしれません。
子作りが済んでいれば、夫婦生活に与える悪影響は小さくなります。
ただし、一方で30代や20代の夫婦生活にとって勃起不全は大きなハンデでしょう。
老化現象は可視化が難しく、なかなか本人も原因を自覚し辛いものですが、早い男性だと22歳から24歳頃から、慢性的な勃起不全に陥ります。
薄毛のリスク同様に遺伝や生活習慣が大きく関係している事もあり、誤ったライフスタイルは男性機能の老化を進めてしまうのです。
暴飲暴食や寝酒、高カロリー食の継続的な摂取は老化の促進になりますので、年齢や体力、精力の上下に関係なく避けましょう。
ただ大幅に減退した精力も、メンズクリニックの指導やED治療薬のお世話になる事で改善しますので、闇雲に悲観視する必要はなく、自覚症状を発見次第、適切な対応を取れば回復の見込みは十分あります。